即日でファクタリングをしたい場合には

ファクタリングは売掛債権を売却して資金調達する方法ですが、2社間取引ならば即日で入金してもらうことも可能です。
売掛債権を売却する手続きにはサービスを提供する会社であるファクターと利用者である納入企業、売掛先であるクライアントの3社が関与します。


クライアントの同意を得て3社間で取引を行うのが基本ですが、手続きに時間がかかってしまうためクライアントを除いた2社間での取引も行われています。


2社間でファクタリングの手続きを行う場合には、クライアントの同意を得る必要がなく時間がかからないというメリットがあります。

即日のファクタリングのサイトが登場しました。

即日でファクタリングを行い素早く資金を調達したい場合には、2社間取引を選ぶとよいでしょう。



ただし具体的なサービス内容や手数料は、ファクターごとに異なるので3社間でも即日入金が可能な場合があります。


ファクタリングの手数料は3社間の場合だと債権額の1%から5%ほどですが、2社間の場合には6%から40%ほどと高額です。
なるべく3社間で取引を行った方が手数料を安く抑えることができるので、経済的な負担が軽減されます。

2社間取引の場合はクライアントの同意を得る必要がないため、取引停止や発注減などのリスクがありません。



手続きに関与するのは納入企業とファクターだけであり、審査が通ればすぐに入金してもらえます。

ただし貸し倒れのリスクが低い3社間取引の方が審査が緩やかに行われるため、手続きをスムーズに進めることができます。